2005年07月30日

朝日新聞、社内資料を流出か

NHK番組改編報道に関連して、朝日新聞が本社で会見を開き、社内資料が「月刊現代」に流出した可能性があると発表したそうです。

なんでしょうか、この変な会見は。

以下が読売新聞の記事です。

朝日新聞は29日夜、東京・築地の東京本社で緊急記者会見を開き、NHKの番組が自民党国会議員の圧力で改変されたと同紙が今年1月報じた記事に取材を受けた当事者らが反論している問題で、8月1日発売の「月刊現代」(講談社)に、朝日記者と当事者の一問一答が掲載され、その内容から、同社の内部資料が流出した可能性があることを明らかにした。

 午後11時から記者会見したのは、荒木高伸・広報担当、柘一郎・広報宣伝本部長、岡田伸之・広報部長。

 会見によると、月刊現代の記事は、記者とNHKの松尾武・元放送総局長のやりとりの内容が、朝日新聞が今月25日に掲載した検証記事での一問一答に良く似ており、原稿以外の資料が社外に出た可能性があるという。同社は「資料が外部に出るのは避けなければならないが、仮に外部に出ているなら遺憾だ」とした。

 朝日新聞はこれまで、取材時の録音テープなどの有無については、「取材の方法にかかわる事柄には答えられない」として、NHKが同社にあてた公開質問状にも答えていなかった。

 また同社は、取材内容の録音は相手の了解を得るのが原則としており、意に反した録音は禁じている。


続きは順位を確認してから読む

この記事は明日発売の月刊現代に載るそうです。
月刊現代と言えば、講談社。
書くのは元共同通信の記者でフリージャーナリストの、魚住昭。
野中広務を絶賛する「差別と権力」という本を出した事もあるジャーナリストです。
このジャーナリストは、拉致問題に関して、こういう発言もしています。

「日本では毎日、さまざまな事件や事故が起きているのに、こんな反応を見せるのは、
拉致事件に対してだけ。日本と朝鮮半島の間で、歴史的に培われてきた日本人の差別や蔑視の感情が、
この事件で一挙に吹き出したのではないか。気味悪さだけが印象に残った」
(ジャーナリスト、魚住昭さん)
魚住昭pix20020528-11.jpg

ふぅん、こういう人物像なんですな。
で、そういう方がたまたま朝日の内部資料を手に入れた、と。

朝日は、「取材テープと酷似している」としていますが、
そんな資料がどうしてそう簡単に外部へ漏れるのか。
不思議ですね〜

しかし問題は本当にこの記事に決定的証拠があるのでしょうか。
現代を読んでみないと分からないですけど、
朝日記者の想像に基づいた記事が載っているだけではないんでしょうか?
本当にあるのなら取材テープを提出したほうが早いと思うんですけど、
朝日は何故それをしないんですか。
もしかして、ない、とか?

こういう揺さぶりにもならないような、雑誌の宣伝をすることに何の意味があるのか。
安倍晋三は夕刊フジの取材に応じ、
安倍晋三10001405940.jpg「マンモスと同じ運命をたどる」

と痛烈批判したそうです。

このままじゃ確かに朝日新聞は絶滅するしか道はないように思えますね。
悲しい事に、珊瑚事件の教訓はあまり生かされていないようです。
全てが捏造とまでは言いませんが、あまり多いと読者は減る一方です。
だからといって、勧誘に怖い人を使うのはやめてくださいね(笑 人気ブログランキングbanner_02.gif


このブログは移転しました→キレ鯵
移転先に同じ記事がある"かも"しれません。

※12/11現在 移行作業中です

17:03 | Ranking | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

新着記事 - 20件
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。