2005年07月19日

闇の職安でひったくりの共犯募る

また闇の職業安定所でトラブルですか。

ブログのランキング
人気ブログランキング


インターネットの「闇の職業安定所」というサイトで仲間を募集し、ひったくりをしたとして警視庁非行集団特別捜査隊は19日までに、窃盗容疑などで東京都小平市の無職少年(17)と江戸川区江戸川、塗装工大友賢容疑者(27)を逮捕した。

 少年は5月下旬、サイトに「ひったくりを一緒にやってくれる人募集」と書き込み、応募があった5人から大友容疑者を選び、メール交換して計画を立てたという。

 調べでは、2人は6月8日午前6時半ごろ、江戸川区東葛西6丁目の歩道で、歩いていたパート女性(44)から現金約3万5000円入りのかばんを奪った疑い。

 2人は事件の数時間前に初めて会った。少年がかばんをひったくり、大友容疑者のミニバイクで一緒に逃げる計画だったが、少年が通行人に囲まれて駆け付けた警察官に現行犯逮捕され、大友容疑者は逃走していた。「闇の職業安定所」は、これまでにも犯罪に使われた銀行口座が売買されるなどして問題になっている。



また闇の職安でこんな事件が。
つい最近も、少女を広告で募集して売しゅんさせるという事件があったばかり。

サイトをちょっと覗いてみましたが、怪しい広告ばかりでしたね。
架空□座を作らせたり、消費者金融からキャッシングさせたり、
携帯を契約させたり、といった感じです。

一説によると、このサイトの運営者の広告収入は億単位ということらしいですけど。
こういう事件があるとアクセス数も跳ね上がるんでしょうけど、
当局の監視も厳しくなり、最悪閉鎖もありうるでしょうね。

サイトの性質上、事件=アクセスアップ
アクセスアップ=事件が増える
結果、閉鎖も近づく。というジレンマですね。

まぁ既に十分儲けてるでしょうからいいんでしょうけどね。

しかし、ひったくる仲間をサイトで募集するって・・・
その計画も行動もあまりにも短絡的というかなんというか。
しかも、この少年は通行人に囲まれて、募集で来た大友某は逃走していたというんですから・・・

どうしようもなく鈍くさい事件ですね。
まるで闇の職安を宣伝するためだけに起きた事件のようです。




このブログは移転しました→キレ鯵
移転先に同じ記事がある"かも"しれません。

※12/11現在 移行作業中です

16:39 | Ranking | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

新着記事 - 20件
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。